ハート

症状は人それぞれ違う

看護師

症状に合う治療で改善

心の病気と呼ばれる病気にも色々な種類がありますが、特にうつ病は有名で多くの人が悩んでいます。気分の落ち込みや気力の低下が長く続いていると、日常生活や仕事、学業にも影響が出てしまいます。しかし、こうした病気も正しい治療を行うことでかなり改善できますので、長く改善が得られていないという人は、心療内科や精神科での治療も検討してみてはいかがでしょうか。そしてうつ病といっても色々な種類がありますし、人それぞれ症状も違います。誰もが同じ治療で改善を得られるというわけではなく、ある人には有効な治療でも、他の人には良い改善が得られないという場合もあります。うつ病の症状としては、抑うつ状態のみが現れる大うつ病もありますし、気分の落ち込みがあると思えば、逆に躁状態になる双極性障害もあります。このほかでは仕事や勉強などでは意欲を持てないのに、趣味など好きなことをするときには意欲を示す新型うつ病と呼ばれるタイプもあります。いずれの場合も放置しているとさらに悪化し、改善が難しくなる可能性もありますので、できるだけ初期のうちに治療を進めておきたいところです。うつ病の治療方法も知っておきたいですが、まずは薬物療法があげられます。うつ病は脳からの伝達物質のバランスが崩れてしまうことで起こりますので、抗うつ剤や抗不安剤での改善が必要となります。さらにうつ病では睡眠障害、不眠が起こることもありますので、睡眠薬が出されることも多くなっています。そして薬もどれを選んでも同じというわけではありません。薬は症状により合うものが違いますし、その人の体質によっても合うもの合わないものがあります。抗うつ剤や抗不安薬は安全性の高いものが使われていますが、人によっては副作用が大きく出ることもあります。薬は改善のために続けていきたいですが、体質に合わないと感じた場合は早めに医師に相談しましょう。そして、改善のためには十分な休息を取ることも大事です。多くの場合は通院での治療が行われていますが、時には入院して治療を行うこともあります。このほかの治療方法としては、心理カウンセリングや精神療法も挙げられます。こうした治療を行う場合も、医師との相性も大事となりますので、治療を受ける前には評判もよく調べておきたいところです。診察の際に話をしっかりと聞いてくれること、薬や治療についての説明も丁寧に行ってくれる医師を選びましょう。そして、改善のためにはある程度の時間も必要ですので、通いやすい場所に医療機関があるか、予約が取りやすいかも確認しておきたいところです。